これはトレードで安定して利益を生み出したいのであれば、絶対に読んでおくべき一冊です。トレーダーとしてどのような心理状態でトレードに臨むべきなのかが、非常に論理的に解説されています。安定して稼げないのはなぜか、その原因を著者のマーク・ダグラスが心理的観点からわかりやすく教えてくれます。

僕自身、この本に出会うまでは何度も同じ失敗を繰り返しました。何度「あのときあそこでロスカットしていれば」と後悔したことか、本当に数えきれません。後から冷静になって考えれば、ロスカットしないほうが明らかにおかしいとわかるんです。

それでも、ポジションを持っている最中はその思考が停止してしまい、わかっていても損切りできないという状態に陥ってしまいます。
切りたくてもなぜか切れないんです。

今回はもうちょっと待ってみよう。
もう少ししたら反発するかもしれない。
もうすぐ、特大IRが来る、好決算が来る、だからまだ売っちゃダメだ。
そして自分のルールをどんどん曲げ、気づいたらとんでもないことになっていた。

あなたにもそんな経験はありませんか?

そんな負のスパイラルから救ってくれたのがこの本です。

この本で強く言われていることは「一貫性」が大事だということです。
一度や二度、大勝したからといって、「一貫性」がなければその後安定して稼ぎ続けることは絶対にできません。ただのギャンブル感覚になってしまうからです。

「一貫性」の大事さはわかっているけど失敗してしまうという方にはなおさらオススメです。なぜ恐怖や躊躇が生まれ、「一貫性」が失われるのか。
マーク・ダグラスはその根本的な部分に深く踏み込んでいます。

この本を読めば、トレーダーとしてあるべき心理状態を身に染みて痛感することができます。一時的な娯楽ではなく、これからずっと安定してトレードで稼ぎ続けたいという方は、ぜひ読んでみてください。