今週1週間は大荒れの相場でしたね(;^_^A

日経平均も新興市場もガンガンに下がって、非常にやりづらい相場でした。

昨日の日経平均は23,000円を割り込むなど、冷え冷えとしていましたが、今日は一応ちょっと回復したみたいですね。

日経平均株価の日足チャート 2020年1月31日

こんな大荒れの週は、トレードしないのが一番です。

デイトレなどで慣れていれば別かもしれませんが、基本的には避けておくほうが身のためですね。

落ち着いてから、また新しいチャンスを狙っていけばいいだけの話です。

 

さてそんな中でも、全体の相場に負けじと急騰しまくっている銘柄があったので、ちょっと注目してみたいと思います。

新型肺炎に関連がある銘柄が、激しくぶっ飛んでいる感じですね。

まずは、昭和化学工業(4990)と中京医薬品(4558)。

昭和化学工業(4990)の日足チャート 2020年1月31日

こちら昭和化学工業。

 

中京医薬品(4558)の日足チャート 2020年1月31日

こちら中京医薬品。

 

ストップ高がとことん続いています……!

昭和化学工業のほうはだいぶ乱高下している感じですが、中京医薬品は寄らずのストップ高がひたすら連続していますね。

日本株全体が下がっている中、こういうピンポイントな銘柄にとことん資金が集まっています。

まったく、すさまじい上がり方ですね……。

 

同じく新型肺炎の関連で、川本産業(3604)もすごいです。

川本産業(3604)の日足チャート 2020年1月31日

だいぶ長いこと急騰が続いていましたが、本日大暴落が起きた感じですね。

しかし、引けには勢いを取り戻して、またまたストップ高です。

今日は復活しましたが、いずれ激しい急落でどんどん落ちるタイミングがあるのが急騰銘柄です。

とことん大暴落になるときがくるので、注意が必要ですね。

 

いやーそれにしても、エグいほどの急騰の嵐です。。。

なかなか途中から入るのは勇気がいりますが、リスクを覚悟できるならチャレンジしてもおもしろいかもしれませんね。

ストップ高がはがれた瞬間にエントリーしてみると、もしかしたらまた張り付きが続くかもしれませんし、そのまま急落となるかもしれません。

もう今から入るのはさすがに危ないと思いますが、早い段階でこの勇気があると、ピョンピョン飛び跳ねるストップ高のジャンプに乗れる可能性もあります。

まあリスクが高いのは間違いないので、少なくとも場がしっかり見られるときにチャレンジするほうがいいですね。

 

あと、こんなにとことん昇るストップ高ではないですが、カイノス(4556)もちょっとおもしろいなと思いました。

カイノス(4556)の日足チャート 2020年1月31日

きれいな大陽線が2本出ていて、陰線をはさんでいます。

「上昇→下落→再上昇」の流れにうまくなっていますね。

上の3銘柄よりは、入る余地のありそうな急騰チャートです。

が、昨日と今日は一気に急騰してから、えげつない暴落が一日のうちに起きているので、けっこう危ないです(;’∀’)

急落をくらう前に、ロスカットは徹底しないとですね!

 

日本株全体がやられた1週間でしたが、逆に急騰しているものは激しすぎる急騰といった感じでもありました。

いずれにせよ、リスクの高い相場でしたね。

2月からは、もう少し落ち着いてきてほしいものです……(肺炎とインフルエンザも、落ち着くといいですね^^;)

それでは、来週からもまたがんばっていきましょう!

 

※ここで書いている銘柄を買い推奨しているわけではないので、実際の売買には十分気をつけて、自己責任でお願いいたします。