上昇銘柄が増えてきて、今週はだいぶ相場も活気づいてきてますね。

日経平均も、6月のはじめに底をついてから、きれいに反発してきました。

日経平均株価の日足チャート 2019年6月11日

2万円を割らずにホッとした人も多いと思います。

政治問題にだいぶ振り回されている相場ですが、せめてどちらの方向に行くかもう少しハッキリしてほしいところですね(笑)

 

さて、今回の注目株はリボミック(4591)です。

きれいな急騰で、見事なストップ高ですね!

リボミック(4591)の日足チャート 2019年6月11日

3本前の大陽線から、うまく再上昇して、今日また一気に伸びた感じです。

これは、急騰銘柄狙いのトレードでもやりやすかったほうだと思います。

特に目立った材料があるわけでもなさそうなので、投機目的の買いが多く入ったかもしれません。

それにしても、きれいな大陽線ですね^^

 

つづいて、日本通信(9424)。

日経平均がヤバいことになっていた6月頭から、ぐんぐん急騰していた低位株です。

日本通信(9424)の日足チャート 2019年6月11日

本日は陰線ですが、まだまだ勢いが強いのがわかりますね。

今日の陰線も下ヒゲなので、もしかしてもしかすると、まだ上昇の可能性もあるのかもしれません。

 

PKSHA(3993)にもいい感じの大陽線が立っています。

PKSHA(3993)の日足チャート 2019年6月11日

これは、今から動きが出るかもしれない感じのチャートです。

すでに高値圏なので、このまま下がる一方にもなり得ますが、火がつけば強そうですね。

 

そして最後に、アイル(3854)を見てみましょう。

サプライズ決算でぶっ飛んだ銘柄です。

アイル(3854)の日足チャート 2019年6月11日

東証2部のわりに、売買代金も多く入ってがんばっています。

ただ、ものすごいギャップアップからは、いきなり大陰線。

今日も陰線が出て、高値づかみの人も多く出てそうな感じです。

突然噴き上げるのはいいんですが、決算などでものすごいギャップアップをしたときには要注意ですね。

 

とはいえ、まだ高い位置で陰線が2連続つづいたので、意外と次は陽線!?なんて期待も持てたりします。

ギャップアップ部分は上昇したと考え、陰線2連続は下げ。

その下げからの再上昇を狙うというのも、ひとつの手ですね。

 

それでは!

 

※ここで書いている銘柄を買い推奨しているわけではないので、実際の売買には十分気をつけて、自己責任でお願いいたします。