日経平均株価がだいぶ下がってきました。

アメリカと中国の貿易問題で、日本株も売りに売られている感じですね。

日足チャートで見ると、もうすぐ21,000円まで落ちるかというところで、今日はギリギリ反発の兆しです。

日経平均株価の日足チャート 2019年5月13日

明日、もう一回下がるのか、ここから反発してくれるのか注目ですね。

 

そんな中で、今回注目したのは、ストップ高になったDMP(3652)です。

DMP(3652)の日足チャート 2019年5月13日

10日の決算はそんなに良くなかったのに、材料があったせいで、大陽線からの大きなギャップアップでした。

今日はほとんどストップ高に張り付き状態です。

こういう急騰は僕のけっこう好きなパターンで(笑)、翌日からの急騰にも狙いを定めたくなってしまいます。

 

ただし、ハイリスクなパターンでもあります。

似たようなパターンで、応用技術(4356)のチャートを見てみると、こんな感じです。

応用技術(4356)の日足チャート 2019年5月13日

ずっと張り付いていた翌営業日の今日、さらに高く寄り付いて一気に落ちています。

寄り付きが高すぎると、こんな急落に巻き込まれてしまうので避けたほうが無難ですね(-_-;)

 

しっかりロスカットできれば、ハイリスクハイリターンを狙いに行くのもアリなんですが、もう少し安全な入り方だとやっぱり「再上昇」狙いです。

今日の急騰銘柄だと、Amazia(4424)なんかが良さそうなチャートですね。

Amazia(4424)の日足チャート 2019年5月13日

急騰して、少し下がって、また急騰するパターンです。

昨日の押しを見て今日の寄り付きから入ると、ガンガン伸びてますね。

株価が高くてちょっと抵抗があるかもしれませんが、資金に余裕があれば、こういう銘柄も狙っていくとけっこうな値幅が取れるのでオススメです。

 

それでは!

 

※ここで書いている銘柄を買い推奨しているわけではないので、実際の売買には十分気をつけて、自己責任でお願いいたします。