FXの仕組みをわかりやすく解説!元手10万円で始める副業投資

今回は、FX初心者の方向けに、FXの仕組みについて解説していきます。

FXも、10万円以下の少額資金で始めるにはもってこいの副業投資です。株トレードと似たような部分もあるので、株をずっとやってきた人でも、あわせて始めやすいと思います。

新たな収入源を作るのに、FXもぜひ活用してみてくださいね。

では、さっそく見ていきましょう。

FXの仕組み1.FXとはそもそも何か?

FXの仕組み1.FXとはそもそも何か?

FXとは、外国の通貨を売買して、利益を出す取引のこと。

Margin Foreign Exchange Trading(=外国為替証拠金取引)を略した言葉です。“FOREX” と略すこともあります。

通貨を売買って、イメージわきますでしょうか?

つまりは、いろいろな国のお金を交換しているのと同じです。

FXはお金の交換

通貨というのは、国によって価値が違います。

たとえば、日本では「円」を使っていますが、アメリカでは「ドル」を使いますよね?

しかし、「1円」=「1ドル」というわけではありません。「1メートル」「100センチ」であるのと同じで、単位が変わるということは、数字も同じにはならないわけです。

円とかドルとか、通貨の単位が変わると、その価値も変わってしまうんですね。

じゃあ、日本の1円って、アメリカでは何ドルなのか?

これは、一定には決まっていません。

1円が何ドルとか、1ドルが何ユーロとか、1ユーロが何ポンドとか、それぞれの国での通貨の価値は、秒単位で常に変わっているのです。

昨日まで1ドル100円だったのに、今日は1ドル101円になってたりするわけですね。

海外旅行に行くときって、お金を外国のものに両替しますよね?銀行、空港、両替所なんかでお金を替えてもらうと思います。

FXというのは、これと同じことをやっています。同じことなんですが、わざわざ銀行なんかに行かなくても大丈夫で、インターネット上ですばやく一瞬にしてできてしまいます。

今の時代、スマホからワンタップですぐですね。

でもだからといって、FXはべつに海外旅行に行くためにお金を両替しているわけではありません。

海外に行くときは、外国のお金が現金としてこちらに渡されますが、FXは外国のお金をもらうことが目的ではありません。

そうではなく、お金を替えたときの「差額」を利用して、さらにお金を増やすことが目的です。

わかりやすく、例を見てみましょう。



FXは通貨の差額で利益を出す

たとえば、「1ドル=100円」のときに、1万ドル買ったとします。

  • 1ドル=100円

ってことは、

  • 1万ドル=100万円

ですね。

つまり、1万ドルを買うのに、100万円のお金を使ったことになります。

 

で、1万ドルを買った状態で、しばらく放置したとします。

これは、手元に現金があるわけじゃなくて、FXの口座の中に1万ドルが入っている状態です。

さて、3日後に見てみたら、

  • 1ドル=100円

だったのが、

  • 1ドル=101円

に変わっていました!

このタイミングで持っている1万ドルを売ったとしましょう。

そうすると、今は

  • 1ドル=101円

なので

  • 1万ドル=101万円

つまり、100万円かけて買ったドルを、101万円で売ったということになります。

この差額の1万円(101万円-100万円)が、利益になるというわけです。

これがたとえば10万ドル買っていて、1ドル=120円とかになったら、20円分の差額×10万ドル分で、200万円の利益になりますね。

そのくらい、FXで稼げる金額は大きくなるわけです!

FXの仕組み2.FXはギャンブルなのか?

FXの仕組み2.FXはギャンブルなのか?

FXはただのギャンブルだと思っている人も、まだまだけっこう多いと思います。

株式投資はなんとなくギャンブルじゃなさそうな感じがしても、ただただ差額を狙うだけのFXは、どうしてもギャンブルな感じがぬぐえないかもしれません。

ハッキリ言いますが、FXはただのギャンブルではありません。

FXはお金の価値を交換して、その差額でお金を増やすものです。

……と言うと、やっぱりまだギャンブルっぽく思えそうな気もしますが、違います。

FXはギャンブルじゃなくてトレード

FXには、ギャンブルじゃなくて「トレード(投機)」という言葉を使うのが普通です。

ギャンブルとトレードの違いは何か?

ギャンブルっていうのは、何かを賭けて、その見返りを求めること。たいていは、お金を賭けて、そのお金を増やそうとすることを言いますね。

これだけ聞くとFXもギャンブルっぽく聞こえるかもしれませんが、少し違います。

ギャンブルは普通、運まかせであることが多いですよね。

  • 「当たるかなー外れるかなー」
  • 「当たったらうれしい!!」
  • 「外れたら最悪だ……」

なんて、気持ちがわいてくると思います。

しかし、FXはギャンブルではなくトレードなので、単純に当たったから「うれしい」とか、外れたから「残念」とか、そういったドキドキを求めてやることではありません。

株式投資と同じで、FXはお金を使って、それ以上にお金を得ることです。

「いや、それやっぱりギャンブルじゃん!」と思われたかもしれませんが、やっぱり違うんです。

ギャンブルとトレードの一番の違いは、「しっかり計画を立てているかどうか」

これに尽きます。



トレードは計画的に

トレードは計画的にしっかりやるもの。決してお遊びではありません。

FXってどうしても遊び感覚が強くなってしまう部分もあるんですが、それだと負ける一方で終わってしまいます。

ギャンブル感覚で適当にやっていたら、それこそ100万とか1,000万とか、そんな大金が一瞬にしてゼロになる世界でもあります。

FXを運まかせでギャンブルすることもできますが、正気の沙汰ではありませんよ…(苦笑)

こういった悲劇を避けるために、FXをやるときは必ず計画的に、きちんと戦略を立ててやっていくものなのです。

もちろん、100万とか1,000万とかを逆に「稼げる」可能性も秘めているわけですが、そこに魅力を感じすぎてギャンブル化してしまってはまずいです。

自分の好き勝手にやっては、負け続けるだけなので、気をつけてくださいね。

FXの仕組み3.レバレッジとは

FXの仕組み3.レバレッジとは?

FXには、「レバレッジ」という仕組みがあります。

レバレッジとは、あなたのもともとのお金を何倍もの金額に増やして、取引させてくれるシステムのことです。

一般には「信用取引」ともいって、FXの会社に借金するような感じで、取引することを言います。

「え、借金て、ちょっとヤバいんじゃ……」って思われたかもしれないので、仕組みを説明しますね!

レバレッジの仕組み

まず、あなたはFXで取引するためのお金をFXの口座に入金します。

この入金したお金を「証拠金」とします。

証拠金とは、FXの会社がお金を増やしてくれる前の、あなたが持っていた元手(現実にあなたの手元にあるお金)だと思ってもらえばOKです。

この証拠金を、何倍も増やしてから取引できるのが、FXのレバレッジというシステムです。

レバレッジは、だいたいの証券会社で「10倍」まできかせることができます。

以前は100倍とか普通にあったみたいですが、さすがに膨れ上がりすぎて大変なことになるので、だんだん規制がかかって10倍に落ち着きました(証券会社によっても異なります)。

では、実際にレバレッジの例を見てみましょう。



レバレッジを使った取引の例

今のアメリカドルのレートが、「1ドル=100円」だとして考えてみます。

この状態から、「1ドル101円」まで上がったとしましょう。

そしてあなたの手元には、コツコツ貯めた10万円があるとします。

この10万円を、FX口座に入れて、実際に取引してみましょう。

 

【レバレッジなし】

まずレバレッジをかけずに取引した場合から。

アメリカドルを10万円の資金で買ってみます。

  • 1ドル=100円のとき、10万円分「買い」
    ⇒1,000ドル GET!

次は、買った1,000ドルを売ります。

  • 1ドル=101円のとき、1,000ドル分「売り」
    ⇒101,000円 GET!

レバレッジなしだと10万円使って1,000円の利益になりました。

10万円も使っているのに、あまり大きな利益ではありませんね……。

 

【レバレッジ10倍】

では、次にレバレッジを10倍にしてやってみましょう。

10倍のレバレッジにするということは、もともとの10万円の10倍分のお金で取引できるということ。

  • 10万円×10=100万円

となり、100万円分の取引が可能になります。

アメリカドルを100万円の資金で買います。

  • 1ドル=100円のとき、100万円分「買い」
    ⇒10,000ドル GET!

次は、買った10,000ドルを売ります。

  • 1ドル=101円のとき、10,000ドル分「売り」
    ⇒1,010,000円 GET!

101万円になって返ってきました!

これで、利益は10,000円

単純に考えて、レバレッジをかけなかったときの利益より、10倍ほど稼ぎも多くなるわけですね。

 

しかし、どちらのケースも、実際にあなたが口座に入れたお金は10万円です。

どうせなら、大きな金額で取引したほうが、利益も大きくなっていいですよね。

これが、レバレッジのパワーです。

レバレッジをきかせるために、あなたが特別することはありません。

取引するときに、証券会社のほうですぐに大きな金額で取引させてくれます。これこそ、FXの魅力といえる部分ですね。

株にも信用取引はありますが、3倍までしか増やせないため、ここまで大きな取引になることはありません。

株よりもさらに、少ない資金で始める投資としては、初心者でも手が出しやすいわけです。



損失に注意

ただし、レバレッジにはもちろん注意点もあります。

それが、損失額も増えやすいということ。

レバレッジを使うと利益が大きくなって魅力的に見えますが、もちろん負けたらそれだけ損失も増えてしまいます。

もう一度、先ほどの例を使って、今度は下がった場合を見てみましょう。

もし、「1ドル=100円」「1ドル=99円」になってしまったら?

元の資金が10万円あるとして、考えてみます。

【レバレッジなし】

  • 1ドル=100円のとき、10万円分「買い」
    ⇒1,000ドル GET!
  • 1ドル=99円のとき、1,000ドル分「売り」
    ⇒99,000円 (マイナス1,000円)

【レバレッジ10倍】

  • 1ドル=100円のとき、100万円分「買い」
    ⇒10,000ドル GET!
  • 1ドル=99円のとき、10,000ドル分「売り」
    ⇒990,000円 (マイナス10,000円)

というように、マイナス額もレバレッジをきかせた分だけ増えてしまうんですね。

ただ、心配しなくていいのは、どれだけレバレッジを増やして大きなお金を動かしたとしても、証拠金以上にお金が減ることはありません。

これは、FXには「強制ロスカット」という仕組みがついているからです。

ロスカットっていうのは、あなたが思ったのと逆に為替レートが動いてしまい、損失が出たときに、なるべく損が大きくならないように早く逃げることを言います。

レバレッジをかけた取引をした場合、もしあなたのもともと持っているお金以上に損失が出そうになったら、FX会社が勝手にロスカットしてくれるんですね。

つまり、自動で逃げてくれるということです。

だからといって、この強制ロスカットに頼りすぎちゃいけませんよ!

強制ロスカットというのは、あくまで最終防衛手段

そんなところまで損失が出る前に、もっと少ない損失のうちに、さっさと自分で逃げちゃいましょう!

こうやって、失敗したときのロスカットをうまく行って、稼げるときにたくさん稼いでいくのが、FXのコツですね(株も同じですが)。

FXの仕組み4.FXの取引時間

FXの仕組み4.FXの取引時間

FXをやることのメリットでよくあげられるのが、取引時間です。

結論からいうと、FXであなたが取引できるのは24時間

つまり一日中、朝でも昼でも真夜中だって、取引できてしまいます。

株とFXの大きな特徴の違いとして、取引時間はポイントになります。

株は一日のうち朝の9時~11時半までと、昼の12時半~15時までの取引です。なので、会社員の人なんかは、なかなか見る時間がなくて、取引が難しかったりしますよね。

その点、FXは24時間なので、いつでも取引できるのがメリットになります。

なんで24時間できるのか?

実はFXの取引というのは、世界中の銀行を電話やインターネットでつないで行われています。

なので、株みたいに〇〇証券取引所で取引するわけではありません。実際にお店を持たないインターネットのお店みたいな感じですね。

こういうのを、FX用語で「インターバンク市場」とも言います。

世界の銀行を中心に動くため、たとえば日本の銀行が閉まったとしても、アメリカの銀行は開いてるなんてことが起きるわけですね。

わかりやすく日本とアメリカの話をしていますが、これはFXで取引できる通貨を持つ国だったら、どこでも同じ話です。



FX市場が活発になる時間

国によって銀行の開いてる時間が違うので、取引時間もずれるわけなんですが、そのおかげで取引が活発になる時間があります。

日本とアメリカで比べてみましょう。

日本の銀行が開いてる時間は、ふつうは平日の昼間ですよね。

一方、アメリカの銀行が開くのは、日本の真夜中になるわけです。もちろん、時差があるからですね。

なので、日本時間でいうと夜、それも11時過ぎなどの夜中に、日本円とドルの取引がものすごく活発になります。

これはつまり、日本で昼間働いてる人たちも、FXだったら夜に思いっきり自由に取引できるということです。

もちろん、他の国の通貨をやるんだったら、その国の銀行が開いてる時間に活発になるということですね。

たいていは日本と時差があると思うので、日本の真昼間にはあまり活発にならないかもしれません。

好きな時間に取引を

活発か活発じゃないかはおいておいて、とにかく週末に銀行が閉まるまで、いつでも取引できるのがFXの魅力です。

あなたがもし昼、忙しくがんばって働いてたとしても、夜ちょっとした楽しみの感覚でFXの取引ができてしまいます。

もちろん、計画はしっかり立てて、利益を出していってください。

いつの時間にFXをやるかってこともあわせて、トレード計画が立てられるとバッチリです。

時間にとらわれずに好きなだけ取引するのが、株にはないFXの良いところですね!

FXの仕組み5.スワップポイントとは

FXの仕組み5.スワップポイントとは

FXは世界の通貨の価値と価値を交換して、その差額で利益を出すと最初に言いました。

しかし、実はFXで利益を出す手段はこれだけではありません。

外貨預金ってしたことありますか?

ふつうに貯金するのではなく、ドルとかユーロとか、外国の通貨に換金して預金することですね。

他の国の通貨で預金すると、より日本よりも高い金利がもらえることがあって、それで利益を出してる人もいるくらいです。

実はこれ、FXにも通じる話なんです。

スワップポイントで利益を出す

FXで扱える通貨は、世界の通貨のうち20種類以上もあります。

そのなかには、高い金利のものもあれば、低い金利のものもあるわけですね。

それでFXというのは、高い金利の通貨と、低い金利の通貨の金利差をつかって利益を出すことができるようになっています。

この金利差のことを「スワップ金利」と言います。

そして、レバレッジを使った場合、スワップ金利も少し大きくなります。

このレバレッジをきかせたスワップ金利が、「スワップポイント」です。

スワップポイント(つまり金利)を貯めていくことで、そこそこに大きな金額の利益が追加されるわけですね。

だいたいですが、10,000通貨持ったとして、1日に数十円とかそのくらいの利益が増えていきます。

1日にうまく30円稼げたら、月900円ですね。10万通貨持ったら、月9,000円くらいです。

ふつうの差額の売買に比べたら少ない金額ですが、ちょっとしたおこづかいにはなりそうですね。



スワップポイントは損をする?

「金利っていうことは、ただその国の通貨を持ってればいいだけだから、損はしないんじゃない?」

と思った方、ここがFXの注意点です。

スワップポイントだって、もちろん損することはあります。

まずそもそもの話ですが、他の国の通貨を買わないといけないので、金額の差で負ける可能性があります。

スワップポイントで少しの利益が出ていても、トレードで普通に負けたら意味がありません。

スワップで稼ぐかーなんて思っていたら、いきなり急落なんてこともあり得るわけです。

スワップポイントの難しいところは、長く持ってないと意味がないってことですね。

長く持ち続けるには、その分、世界の動きにも目を光らせないといけません。急に何が起きて、暴落し始めるかわからないからですね。

そしてもちろん、金利差のプラスマイナスが逆転していたら、逆に金利を払わないといけないので注意が必要です。

低い金利の通貨を買って、高い金利の通貨を売ってしまえば、高い金利を払わないといけません。

スワップポイントはおまけ

ただこの辺は、あまり深く気にしすぎると自由に取引できなくなってしまうので、手数料として考えてもらうくらいで十分です。

たまたま高い金利のほうを買っていたら、その金利差ぶん、ちょっと利益が増えるくらいに思っておくといいですね。

スワップポイントはあくまで「おまけ」として考えるくらいがちょうどいいです。

これで稼ぐこともできますが、金利差だけを気にしてやっていても、多くの利益にならないどころか、トレードのほうで大損してしまうことだってあります。

初心者が考え出すと、ちょっと計算もめんどくさいと思うので、あまり気にしないでいきましょう。

スワップポイントよりもまずは、トレードした差額で安定した利益を狙っていくほうが先決です!

FXの仕組み6.稼げる金額はどのくらい?

FXの仕組み6.稼げる金額の目安

それでは最後に、稼げる金額の目安についてです。

だいたいどのくらい稼げるものなのか、ドルと円でイメージをつかんでみましょう。

1ドル動いて取れる金額

1ドル動いて、どれくらい利益が取れるのかを見てみます。

1ドル100円だとして、資金10万円からレバレッジ10倍をきかせて考えてみると、以下のような感じになります。

    • 資金10万円→レバレッジで100万円
    • 1ドル100円なら、10,000通貨をGET!(100万÷100=10,000通貨)

    つまり、1ドル動くごとに10,000円ずつ動きます!

    10ドル動いて、10万円になる計算ですね。

     

    資金を100万円にすると、以下のような感じです。

    • 資金100万円→レバレッジで1,000万円
    • 1ドル100円なら、100,000通貨をGET!(1,000万÷100=100,000通貨)

    つまり、1ドル動くごとに10万円ずつ動きます!

    10ドル動いて、100万円になる計算ですね。

    1ヶ月の間に合計で10ドル分の上昇を取れれば、月収100万円になるということです。

    そう考えると、100万円の資金があればすごく利益が出そうな気もしますが、適当にやって10ドル分もきれいに利益を取れることはないので、注意してください。

    資金が増えるということは、それだけリスクも増えるということ。下に動くことももちろんあるわけです。

    そのあたりも考えて、最初の資金を決めてみてくださいね!



    あなたはどのくらい稼ぎたい?

    あなたはFXでどのくらい稼ぎたいですか?

    最初に投入する資金を考えるときには、このことについても考えてみてください。

    何度も言いますが、FXはトレードです。トレードは、最初の計画が大切です。

    本格的な取引を始めるまえに、まずはいくらの利益を出していくのか、計画を立ててみてください。

    目標が決まってると、あなたの取引にも計画性が出てきて、ムダに損することもなくなるはずです。

    ひとまず、月にいくら稼ぎたいのかを考えてみるのをオススメします。

    • 数万円のおこづかいが欲しいのか
    • 贅沢できるくらい生活費の足しにしたいのか
    • FXだけで生きていけるようになりたいのか

    それによって、目指すところがぜんぜん変わります。

    月にいくらほしいのか、じっくり考えてみてくださいね。

    専業になりたい方は、オンラインのスクールで徹底的に勉強することを強くオススメします!

    まずは練習から

    いくらから始めるにしても、まずは練習をしましょう!

    大きく利益を狙うのが目標でも、最初は10万円くらいの少ない金額から始めることをオススメします!

    この辺は、株と変わりませんね。

    • 「だいたいこんなふうにやるのか」
    • 「こうやって利益になるのか」

    っていう感覚をつかんでからのほうが、FXに慣れるのも早いですし、気持ち的にも余裕が出ます。

    最初は、失っても痛くもかゆくもない資金で始めるようにしてくださいね!

    まとめ

    ということで今回は、FXについて大まかな仕組みを解説しました。

    FXは、本気になれば何百万、何千万と稼ぐ人がゴロゴロ出てくる世界です。

    少ない資金からでも、レバレッジをきかせて十分大きな取引ができるので、よかったらぜひチャレンジしてみてくださいね。

     

    なお、最初の口座開設には、国内で大人気のDMM FXがオススメです。

    これから始める方は、よかったらこちらで開設してみてくださいね。


    >>DMM FXは初心者向け

     

    それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!