CFDとは?少額でもできる、株価指数をトレードする取引方法

この記事では、CFDというトレード方法を詳しく紹介します。

「資金は少ないけど、しっかり稼ぎたい!」

そんなトレーダーにはオススメの取引方法です。

CFDなら、レバレッジを効かせることで、あなたの持つ資金の何倍もの資金で取引することができます。

資金を増やした状態で大きくトレードできるので、利益もたっぷり取れるわけですね。

今回は、そんなCFD取引のメリットなど、具体的に解説していきます!

CFD取引とは?

CFD取引とは、日経平均やダウなどの指数をトレードできる取引方法の一つです。

CFD=Contract for Difference

の略で、日本語に直すと

「差金決済取引」

となります。

どこかで聞いたことありますよね?

差金決済取引とは、「同じ資金の中で同じ銘柄を繰り返しトレードできない」という、株でご法度となっているアレです。

この制度があるせいで、少ない資金から株をやろうとすると、1日1往復の買いと売りしかできません…。買って売って、またすぐ買って売って…とはできないわけですね(-_-;)

これがCFDになると、何往復もトレードすることができます。

差金決済OKというか、むしろCFDが差金決済取引という意味ですので、資金が少なくても何度もトレードできるわけですね!

少ない資金でも、何度もトレードできる取引方法、と考えてもらえればOKです。

それでは、詳しくCFD取引のメリットを見てみましょう!

CFD取引をするメリット

CFD取引のメリットとは

CFD取引のメリットは、以下のとおりです。

  • 少ない資金でも、大きくトレードできる(レバレッジが効く)
  • 「買い」でも「売り」でもトレードできる
  • リスクヘッジに使える
  • 取引時間が幅広い
  • 手数料は無料
  • 株価指数を見ることが、結果的に株トレードに生きる

それぞれ解説しますね。

少ない資金でも、大きくトレードできる(レバレッジが効く)

まずはやっぱりレバレッジですね。レバレッジを効かせることで、少ない資金であっても大きくトレードできるのが、CFDの大きなメリットです。

レバレッジとは、今あるあなたの資金を何倍にも増やして、トレードできるシステムです。

商品や業者によってレバレッジの倍数は違いますが、たとえば日経平均やダウをトレードするなら「10倍」が目安です。

つまり、あなたが10万円をトレード資金として用意しているなら、100万円分の取引ができるわけです。これは、少額資金で投資する人にとっては、かなりありがたいですね!

もちろん、レバレッジが大きくなれば、それだけ損失したときのダメージも大きくなります。損が大きくならないよう、ロスカットはきちんとやりながら、大きくトレードしてくださいね。

「買い」でも「売り」でもトレードできる

CFD取引は「買い」からでも「売り」からでもエントリーできます。

株で空売り(売りでエントリー)しようとすると、

  • 空売りするなら信用取引じゃないとダメ!
  • 信用取引は借金、危ない!
  • 証拠金30万を用意しないとできない!

なんてちょっとハードルが高かったと思いますが、そんなこと気にせずバンバン売れます。

空売りし放題です。

空売りし放題なので、日経平均が急落したときでも、売りから入れば利益を出すことができるのです。アメリカで何か大事件が起きても、ダウを空売りすることだってできるわけですね。

また、何度もトレードできるため、買って、売って、また買って、また売って、と繰り返すこともOKですよ。

チャートを見ながら、その波に合わせてトレードしていけば、利益を出すチャンスは何度もおとずれるということです。

リスクヘッジに使える

上でお伝えしたように、「買い」も「売り」もエントリーできるので、リスクヘッジとしても使えます。

リスクヘッジとは、ある取引で損失になるリスクを別の取引でカバーすることを言います。

たとえばあなたが、何かの株を買って上昇を待っているとき、なんとアメリカで大事件発生!株価が暴落しはじめ、日本株も急落しまくったとします。

そんなとき、CFD取引で日経平均やダウを空売りして、下落のほうで利益を出し、持っている株の損失を埋め合わせるわけです。

ひとつリスクヘッジ用の口座を持っておくだけで、安心感が増しますね。

取引時間が幅広い

リスクヘッジの話にもつながりますが、CFD取引は取引時間の幅が広いです。

業者や商品によっても取引時間は変わってきますが、少なくとも日本株が動いていない時間帯でもトレードできます。

たとえば、連休に株を持ち越したとして、日本の連休中でも動いている海外市場が暴落したとします。

連休明けに日本株が暴落するのは目に見えているので、なんとかしたいものの、日本株は取引時間外……。

そんなときでも、CFD取引なら取引できる時間帯になっているかもしれません。保有している株はロスカットできなくても、CFD口座のほうでリスクヘッジすればOKということです。

それこそ、今度の10連休ゴールデンウィークなんかには、リスクヘッジ用口座として準備しておくことができますね!

手数料が無料

CFDは、基本的に手数料がかかりません。手数料、気にしなくて大丈夫です。

これも少ない資金からトレードしたい人にとっては、非常にありがたいですね。

手数料の代わりに、「スプレッド」というものが存在します。

スプレッドとは、もともと業者によって設定されている「買い」と「売り」の差額です。つまり金利ですね。

たとえば、日経平均の価格が22,000円であっても、実際の取引では22,005円で買うことになったり、21,995円で売ることになったりします。市場での価格と同じ金額ではトレードできません。

単純な話、22,005円で買ってから、瞬時に売ったとしても21,995円になってしまうので、その差額10円が持っていかれます(さらに日をまたぐと「オーバーナイト金利」というのが発生することもあるので、ちょっとだけ注意が必要です)。

通貨を両替するときにも、買いと売りの両方の価格がありますよね。両替所によって、その値段が変わるのと同じです。

株で信用取引をすると、金利と手数料の両方がかかってしまいます。しかし、CFD取引には手数料がかからない分、余分な経費をおさえることができるわけですね。

株価指数を見ることが、結果的に株トレードに生きる

ふだん、あまり日経平均やダウの動きを気にしない人でも、CFD取引をやり始めたら株価指数に注目するようになります。

そのおかげで、市場全体の流れを読むクセがつき、結果的にいつもの株トレードに生きてくるというメリットもあります。これ、けっこう大事なメリットだと思います。

いつもの株トレードでは、全体の流れを追うことが大事だとわかっていても、個別の銘柄にとらわれてしまいませんか?

自分の選んだ銘柄の株価ばかり気になって、全体の流れをおろそかにしてしまうことも多いと思います。

ですが、実際に株価指数をトレードするようになれば、流れにしっかり注目し始めて、チャートを見る目も養われますよ!

日経平均やダウをトレードして、日本だけでなく、アメリカの動向も読むようにしていきましょう!

CFDと、株・FX・くりっく株365との違い

CFDと、株・FX・くりっく株365との違い

いろいろとCFD取引のメリットをお伝えしましたが、結局のところ、CFD取引って株とは何が違うのでしょうか。

「差金決済取引」という取引形態が違うのはもちろんですが、仕組みはさておき、いまいちCFD取引の感覚がつかめない人も多いと思います。

なのでもう少し大ざっぱに、株とどう違うのかを見ていきましょう!

あわせて、FXくりっく株365にも触れていきますね。

株とは何が違うのか

「株式投資」では、取引するのは会社が発行している株です。

簡単に言ってしまえば、会社にお金をかけているようなものです。会社の業績などによって、株の価格が左右されます。

そして取引できる会社(銘柄)は4,000社以上もあるので、その中から銘柄を選ぶ必要があります。

これに対してCFD取引では、取引するのは株価の「指数」です。

つまり、

  • 日経平均株価
  • ダウ平均株価

などの「数字」でトレードできるわけです。会社が発行している株を買っているのではなく、数字をトレードしているイメージですね。

たとえば、日経平均株価が20,000円のときに買って、21,000円で売れば、+1,000円分の上昇を利益に変えることができます。が、これは20,000円の日経平均を買っているわけではなくて、20,000円という平均株価の数字だけでトレードするわけです。

株の場合は、ある会社の株を100株買ったら、100株はあなたの手元にありますよね(今はオンラインで実感がないかもしれませんが)。

ですが、CFD取引の場合は、そういった「モノ」をもらうわけではないということです。あくまで、数字の差額だけを見て、損益を判断していきます。

ちなみに、CFD取引でトレードできるのは株価指数だけではありません。

  • 原油
  • ETF
  • アメリカ株

など、トレードできるものは様々です。

会社の株以外にも、いろいろとトレードできるんだという感覚で、とらえていただければOKですね。

FXとは何が違うのか

FXも差金取引なので、実はCFD取引の一種です。

FXの場合は、外国通貨の取引に限定されます。というか、外国通貨をトレードすることを、FXと呼んでいます。

CFDの中にFXがあり、FXだけで業者がいて、FX専用の口座があるといったイメージですね。

くりっく株365とは何が違うのか

実はCFD取引には2種類あります。

  • 店頭CFD(非取引所取引)
  • くりっく株365(取引所取引)

の2つです。

一般的に「CFD取引」と言われているのは、上の「店頭CFD」のほうです。

何が違うかというと、取引所を通すか通さないかの違いです。

取引所を通すということは、「手数料が余分にかかる」ということですね。先ほど、メリットで手数料がかからないと言いましたが、くりっく株365のCFD取引をすると、手数料がかかってきます。

たとえば、僕がオススメするSBI証券もCFD取引を扱っていますが、これはあくまで「くりっく株365」なので、SBI証券に手数料を持っていかれます。

対して、店頭CFDというのは、もともとの価格から「金利」を引かれているだけで、手数料はかかりません。

CFD取引をするには

さてそれでは、実際にCFD取引をやる準備をしてみましょう。

CFD取引をするには、専用の口座が必要になります。

僕のオススメは「DMM証券」のCFD口座です。


業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!

店頭CFDで有名なところだと、他にも「GMOクリック証券」があるのですが、初めての方には「DMM証券」のほうがオススメですね。

GMOクリック証券のほうが取引できる時間や銘柄は多いのですが、最初は頭がこんがらがってしまうかもしれません。

一方、DMM証券は圧倒的にシンプルで、ツールの操作もわかりやすく、初心者向けです。

(そして僕は感覚的にGMOクリック証券のツールは肌が合いませんでした…)

銘柄も、まずは

  • 日経225
  • ダウ30

の2種類があれば、十分だと思います。

DMM証券では7銘柄のトレードができますが、とりあえず日経平均とダウをトレードしてみましょう。

もしCFDに慣れてきて、本格的にもっといろいろ売買したくなったら、あとあとGMOでも開いてみるといいかもしれません。

DMM証券でのCFD口座開設方法

DMM証券のCFD口座は、以下の手順で口座開設ができます。

オンラインで10分もあれば作れてしまいます。

 
業界最狭水準のスプレッドで取引手数料は0円!

1.まずは上のバナーをクリックして、DMM証券にアクセス。

 

DMM証券CFD口座開設

2.アクセス後、下へスクロールするとこんなような画面になると思うので、「口座開設(無料)はこちら」をクリック。

 

DMM証券CFD口座申し込みフォーム

3.個人にチェックを入れて、各書面を確認していきます。

 

DMM証券CFD口座申し込みフォーム

4.書面を確認したら、すべてチェックを入れます。

 

DMM証券CFD口座申し込みフォーム

5.その後、名前、住所などもろもろの個人情報を入れていきます。

 

DMM証券CFD口座申し込みフォーム

6.個人情報を入力すれば、登録は完了です。あとは、本人確認書類(マイナンバー通知カードや、免許証等)の画像をアップロードするだけです。

DMM証券CFD口座本人確認

7.画像をアップロードして完了です。スマホからでもアップロードできるので、すぐに終わります。

 

この画面が出てアップロードが完了すれば、あとはログインIDとパスワードが自宅に届くのを待つのみです。平日なら、1日~2日ほどで届くと思います。

ログインIDとパスワードが手に入ったら、あとはマイページから入金すればすぐに取引が始められます。

CFDで稼ぐのに必要な入金額は?

DMM証券だと入金は最低5,000円からできますが、それだと取引ができず意味がないので、最初は「10万円」以上入れておくことをオススメします。

10万円入れておけば、日経もダウも余裕をもってトレードできますし、利益もしっかり取ることができます。

 

簡単にシミュレーションしてみましょう。

DMM証券のCFD取引で株価指数をトレードする場合、株価指数の10倍の価格を「1 lot」としています。

トレードは1 lotから可能なので、株価指数の10単位からトレードできるということになります。

たとえば、日経225の現在のレートが22,000円で「買い」だとしたら、1 lot買うのに22万円必要になります。

「22,000円×10単位(1 lot)=22万円」です。

ですが、ちょっと待ってくださいね!

CFDにはレバレッジというありがたい制度があるため、資金の10倍から取引できるのです。

22,000円を用意すれば、10倍の22万円として、取引できます。

つまり、22,000円の日経225を1 lot買うのに必要な自己資金は、22,000円です。結局、表示されている「買い」の価格と同じ金額になります(笑)

ただし、買っている単位は10倍分の10単位です。株で言うなら、22,000円の株を「10株」買っているようなイメージですね。

10万円入れておくと、だいたい今の日経平均のレートで4 lotほど取引できます。

なので、仮に100円上昇したとしたら、

  • 100円上昇×40単位(4 lot)=4,000円

ですね。

大したことないように思えますが、これを20日間取ったら「8万円」です。

大暴落で1,000円落ちた、なんてことがあれば、10万円からだとしても

  • 1,000円下落×40単位(4 lot)=4万円

の利益になります。

もちろん、日経平均とダウに分散してもいいですね。

暴落でも、売りから入れば利益ですよ^^

もちろん、ロスカットになるときもありますので、バランスを調節しながら、じわじわと利益を貯めていきましょう!

まとめ

今回は、「CFDとは何か」について解説しました。

少額資金からトレードしたい方には、非常にオススメの取引方法です。

個別の株銘柄ではなく、株価指数をトレードするのがポイントですね。

CFD取引なら、

  • 少ない資金でも、大きくトレードできる(レバレッジが効く)
  • 「買い」でも「売り」でもトレードできる
  • リスクヘッジに使える
  • 取引時間が幅広い
  • 手数料は無料
  • 株価指数を見ることが、結果的に株トレードに生きる

と、少額投資で始める株初心者の方にも、メリットが豊富です。

株トレードをするなら、リスクヘッジの意味も含めて、CFD口座もひとつ作っておいて損はありません。

少ない資金からトレードで稼ぐために、ぜひCFDにもチャレンジしてみてくださいね!

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。