先週18日(金)に入った霞ヶ関キャピタル(3498)は、大暴騰の末、本日利確としました!

エントリー日は、週末前なのにストップ高で引けていました(>>霞ヶ関キャピタルがストップ高!レアジョブは完敗)。

そして土日を持ち越したその後の21日(月)、この日もまさかの寄らずのストップ高でした。朝からずーっと特買いで張り付いたままで、そのままはがれずに終わりました。

これを味わうと、本当に急騰トレードをやめられなくなります(笑)

これこそがまさにこの手法の醍醐味です。年に何回かは、こういった意味のわからない急騰を繰り広げる銘柄が現れます。

謎すぎる急騰のウラにはいろいろと隠されているんだと思いますが、それでもこちらとしては乗ったもん勝ちです。

すでにだいぶ高いところまで上昇してきてから起きたストップ高張り付きだったので、寄ったら即売りにしようと思っていました。

が、気配をチラホラ見ている限りではまったく寄る雰囲気もなく、むしろだんだん買い注文が増えていき、安心して持ち越しとなりました。

 

翌日22日(火)は即位礼正殿の儀の祝日で相場はお休み。

そして今日になって、また特買いでのスタート。大きくギャップアップして始まりました。

さすがに今日は早いうちから寄り付きました(笑)

今日こそ寄り付きで売るべきかとも思いましたが、ヤバそうな勢いを持っている銘柄なので、もしかしてまた上昇があるかもしれないと思って少し耐えることにしました。

ちょうどキリの8,000円があったので、そこを目安にしました。

 

が、やはり寄り付いた瞬間から一気に落ちてきて、あっさりと割れて、利確となっています。

しかし、今回のトレードは大当たり中の大当たりでした…!

月曜の時点で真っ逆さまかと思っていたのに、そこからもう一段階ストップ高になるとは、まったく予想できませんでした。

これ、決して狙ったわけじゃないですからね?^^;

 

ただ、自分のルールとチャートのイメージとが重なる部分にエントリーを繰り返していくと、たまにこういう大当たりが出てきます。

このときに大きく稼いで、負けるときの損失を最小限にする戦略ができていれば、トータルでの利益は増えていくわけですね。

あとは、今は日経平均も23,000円に向かっていい調子に動いていて、相場全体の雰囲気がよかったのも大きいと思います。それに、他にも暴騰してる銘柄がけっこうありました。

こういう相場のときだと、やっぱり当たりが出やすくなりますね(僕のルールでは)。

 

最小単元100株だけでも、プラス20万円を超えるトレードができて大満足です^^

と、勢いづいているので、明日のエントリーもすでに考えています!

売買日記の更新がなかったら、エントリーに至らなかったか、忙しくなったと思っておいてください(笑)

エントリー

    なし

    トレード結果

      • 霞ヶ関キャピタル(3498)

      <利益確定>

      【10/18 購入】5,520円
      ⇒【10/23 売却】7,980円×100株

      損益:+246,000円 (+44.6%)

       

      ↓よろしければ応援クリックお願いしますm(__)m

      →応援する