株を始めるのにおすすめの証券口座5選

こんにちは、秋ナスです。この記事では、株を始めるには欠かせない「証券口座」について紹介します。当ブログにくるご質問の中でも「証券口座はどこがいいですか?」という相談はとても多いです。

証券会社、迷っちゃいますよね……。オンラインでの株取引がさかんになった今では本当に多くの証券会社があるので、なかなか一人では決めづらい部分もあるかと思います。

そこでこの記事では、初心者が株を始めるにあたって、僕の経験もふまえて、おすすめするネット証券会社を5つ選びました。口座開設する際の参考にしていただけば幸いです^^

総合証券とネット証券

と、その前にまず証券会社の種類について解説します!

株の証券会社は大きく分けて、

  • 総合証券
  • ネット証券

の2種類があります。

「総合証券」は、大和証券や野村證券など、昔からある大手の証券会社です。基本的には、各地に店舗をかまえていて、そこに注文を受ける人がいます。

店舗へ足を運んで、証券会社の担当者にいろいろと情報をもらって、「じゃあ、それ何株買います!」みたいに直接注文をするイメージです。電話などでも受け付けてくれますし、売買に関しての相談もできます。

ですが、そういった「人」を使ってやり取りする証券会社なので、人件費がかかり、その分手数料も高くなります。

対して「ネット証券」は、基本的にはすべてオンライン上でのやり取りになります。

インターネットを使い、オンラインで情報を集め、オンラインで注文を出し、オンラインで入出金を行います。明細や注文履歴もオンラインで見ることが可能です。総合証券とは逆に、人件費がかからない分、手数料が安くすむのが特徴ですね。

もちろん、何か困ったことがあった場合には、コールセンターに電話もできますし、メールで質問することも可能です。基本はオンラインといっても、スタッフが一切対応してくれないわけではないので、安心してください。

と、2つのタイプがあるわけですが、今から株を始める初心者の方には「ネット証券」のほうがオススメです。

手数料が安いのはもちろんのこと、いちいち人を通さなくてもサッと注文できるので、めんどくさくありません。ネットでの株売買は本当に早く、こともスムーズに運びますので、個人で運用される場合は基本的にはネット証券を利用していきましょう。

証券口座の選び方の基本

株を始めるのに、最初はどこをどう見て証券口座を選べばいいのかわからないですよね。

決めるときのポイントとしては、「手数料」「ツールの使いやすさ」などを見ていくといいと思います。

手数料はもちろん安いほうがいいに決まっていますが、その分ツールが使いづらい(注文がしづらい)かも……となるかもしれません。そのあたりのバランスを考慮しながら、お気に入りの証券口座を見つけてみてください。

まずは1つ決めて使ってみて、ちょっと他の証券口座も気になってきたら、2つ目を開いてみましょう。後から別の証券口座を開いてみたら「やっぱりこっちのほうが使いやすい!」となるかもしれません。そのときは、ササっと乗り換えてしまえばOKです(笑)

証券口座を開くだけなら無料ですし、開いたまま放置しても何も問題ありません。なので、他も試してみたいなと思ったときは、試しに開いてみることをオススメします。スマホやパソコン、車なんかもそうだと思いますが、なんだかんだで相性の問題ですね。(僕自身、開いただけで1回もお金を入れていない証券会社はいくつかあります…笑)

ただ、そうはいっても「じゃあ、最初はどこにしよう…?」となってしまいますので、今から最初に使ってみてほしい証券口座をご紹介します!

手数料が比較的安く、人気度も高く、僕個人としても使い勝手がいいなと感じるところをいくつかお伝えしていきますね。

それでは、オススメのネット証券会社5選です!
(手数料などの情報は、2018年12月3日現在です)

1.SBI証券

僕自身もメインで使っている口座が、「SBI証券」です。ネット証券の中でも有名どころですね。

SBI証券は、その手数料の低さもいいですし、何よりツールがシンプルで、使いやすいです。個人的にはログインするマイページなんかもわかりやすくて、何度か他の証券会社も試してみましたが、やはりSBI証券だなという印象です。よっぽど手数料が高くなったり、使いづらくなったりしない限りは、ここで取引すると思います。

ただし、トレードツールはシンプルな機能しかついていないので、複雑なチャート表示等はそこまで期待できません。逆に初心者の方には、わかりやすくていいと思います。

売買手数料

1注文ごと:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
90円 105円 250円 487円

1日の合計金額:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
無料 191円 429円 762円

>>「SBI証券」の公式ページへ

2.松井証券

同じく、初心者が最初に使うのにオススメなのが、「松井証券」です。

松井証券も手数料が安く、シンプルに使いやすいと思います。10万円以下の取引はすべて手数料が無料になるのが、一番の魅力です。ただし、約定金額が上がるとちょっと手数料が高くなってきます。

ツールは、デイトレーダーでスピード重視の人が多く利用しているイメージですね。

僕が最初の最初に使っていた証券口座ですが、なんとなく管理画面やツールが肌に合わず、乗り換えてしまいました…。この辺は本当に相性の問題だと思います。

売買手数料

1注文ごと:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
無料 300円 500円 1,000円

1日の合計金額:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
無料 300 500円 1,000円

>>「松井証券」公式ページへ

3.楽天証券

つづいて、「楽天証券」です。

楽天銀行や楽天ポイントなど、楽天のサービスと連携しているので、普段から楽天をよく使う人にはオススメです。入金・出金も楽にでなります。

手数料はSBI証券とほぼ同じです。トレードツールの評判もかなり良さそうですね。

ちなみに僕はけっこうな楽天ユーザーですが、やっぱり相性とか慣れの問題もあって、証券口座は使っていません。

売買手数料

1注文ごと:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
90円 105円 250円 487円

1日の合計金額:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
無料 191円 429円 858円

>>「楽天証券」公式ページへ

4.岡三オンライン証券

「岡三オンライン証券」は、あまりなじみのない方も多いかもしれませんが、ちょっと穴場のような証券会社です。

1日の合計金額にかかる手数料は20万円まで無料になるので、この点では他の証券会社よりもかなり安い手数料になっています。

また、「実はIPO投資がやりやすい」と評判なので、IPO投資をお考えの方はこちらで口座を持っておくといいかもしれません。

売買手数料

1注文ごと:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
99円 200円 350円 600円

1日の合計金額:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
無料 無料 500円 800円

>>「岡三オンライン証券」公式ページへ

5.カブドットコム証券

UFJ銀行が運営するネット証券の、「カブドットコム証券」です。

買い注文時に同時に売りの設定ができるなど、複雑な注文方法が可能であり、その種類も豊富です。ふだん忙しくて株価が見られない人でも、安心できる注文方法が盛りだくさんといった感じですね。その分、1日の合計金額ごとの手数料がないなど、ちょっと手数料の面で不便を感じるかもしれません。

また、カブドットコム証券のツールは個人的にかなり使い勝手がいいです。銘柄ごとのチャートの切り替え(チャートの比較)がものすごく早くできるので、チャートを分析しながらトレードするにはもってこいですね(手法にもよるかもですが)。

なので、手数料が気になる人は、カブドットコム証券はツールを使うために開いておくといいです。一度も取引しないと少し料金がかかってしまいますが、それでも使う価値はあると思います。

売買手数料

1注文ごと:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
90円 180円 250円 990円

1日の合計金額:

取扱無し

>>「カブドットコム証券」公式ページへ

おまけ マネックス証券

最後におまけとして、大手の「マネックス証券」を紹介します。

アメリカ発のトレーディングツール「トレードステーション」が無料で使えるなど、ツールに関してはマネックス証券がもっともすぐれていると思います。

ただし、以下のとおり手数料が高いので、元手が少ない場合はちょっと使いづらいです…。ということで、おまけにしてあります。

しかし、トレードツールの機能性だけ見れば、今のところマネックス証券がトップなのではないでしょうか。くり返しますが、トレードステーションは口座を開くだけで無料で使えるので、このためだけにでも口座開設する価値はあります。チャート分析を多くするようになったら、ぜひマネックス証券のツールも使ってみてください。

売買手数料

1注文ごと:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
100円 180円 450円 1,000円

1日の合計金額:

10万円まで 20万円まで 50万円まで 100万円まで
2,500円 2,500円 2,500円 2,500円

>>「マネックス証券」公式ページへ

 

まとめ

今回の記事では、初心者が株を始めるのにオススメの証券会社5選+おまけを紹介させていただきました。

証券会社には「総合証券」と「ネット証券」の2種類がありますが、初心者にオススメなのは「ネット証券」のほうです。その中でも、上記で紹介したものは認知度も高く、評判もいいものになります。

まずは「手数料」を中心に考え、最初に開く証券口座を1つ決めましょう。そのあとで、ツールや操作画面をいじってみて、「ほかはどんな感じなんだろう?」と気になり始めたら、2つ目、3つ目と証券口座を開いてみてください。

評判はいろいろありますが、最終的にはあなた自身が試してみて、もっとも「自分と合うな」と感じるところを選ばれるといいと思います。

資金量や取引する手法によっても、将来的にだんだんベストな証券会社が変わってくるかもしれません。口座を開くだけなら無料ですし、開いたからといってずっと使い続けなくてはいけないわけではないので、気軽な気持ちで開いてみてくださいね!

 

株の基本的なやり方はこちらで解説しています。

>>初心者向け!株のやり方を解説します