今回は、日経平均が暴落したときの対処法について、解説します。

 

「日経平均 最大〇〇円の暴落!」

なんてニュースで出てくると、ちょっと焦りますよね(;’∀’)

 

株をやっている人間からすれば、「暴落」「大きな下落」「急落」などの言葉は、不安を呼び起こすキーワードの筆頭だと思います。

 

日経平均が落ちているってことは、日本株の全体の流れが下がっているということ。

つまり下がっている銘柄が多くなるので、株を買ってもなかなか上がらない状況が起こるわけですね。

全体の流れが下げ方向に向いていると、やっぱりやりづらい相場環境になってしまいます。

 

ですが、だからといって、一気にマイナス思考になる必要はありません!

 

日経平均が暴落しただけで、

 

  • いきなり資産がゼロになる…
  • ただ下がるのを見るしかない…

 

なんて状況に必ずなるわけではありません。

 

相場の雰囲気が悪い(地合いが悪い)ときには悪いときなりに、対応のしかたがあります。

これから、その日経平均急落時の動き方について、お伝えしていきますね^^

 

日経平均が暴落とはどういう意味か

 

そもそも日経平均株価というのは、日本株の中でメジャーな株(大企業の株)が集まってできたグラフです。

代表的なものの中から、225銘柄が選ばれて、できあがっている指標です。

 

これら代表的な225銘柄が、世界情勢や国内のニュースに反応して下落に向かいます。

株価が落ちそうな危なっかしいニュースが流れると、たいてい日経平均が最初に反応します。

すると、だいたいそれにつられて他の株も落ちます。

新興市場のマザーズやJASDAQなどの、まだまだ出始めのベンチャー企業などの株価も、日経平均につられることが多いんですね。

 

これは、「日本の代表株が下落=日本株が下落」と考える人たちが、「自分の持っている株も下がる前に売ってしまいたい」と思って、売り注文が殺到するためです。

 

つまり、日経平均が下がることで、株価が下がるわけじゃなくって、「下がると思う人が多くなるから、下がる」ということです。

 

暴落を見て、「下がる…」と不安になって売りまくる、負の連鎖

 

極端な話ですが、日経平均が下がったとしても、その代表的な225銘柄じゃない他の株を持っている人たちが、もしも全員「上がる」と思いこんだとしたら。

その場合は、日経平均暴落という報道のウラで、「新興株は急騰」なんてことも起こり得るわけですね。

 

下がるという思い込みは危険

 

何が言いたいかというと、日経平均が急落したからといって「絶対下がる」と思い込むのはNGだということです。

 

たまに日経平均暴落のニュースが流れると、「どうしましょう……(;’∀’)」と、今にも世界が終わりそうな勢いで、秋ナスへの相談メールを送ってくださる方がみえますが、そこまで絶望的にならなくても大丈夫です。

 

もちろん、反発して上がるから大丈夫だと言っているわけではありません。

そうではなく、きちんと冷静に対応すれば、ひどい損失にはならなくて済むということです。

 

「暴落」という言葉が、反射的に世界大恐慌だったり、リーマンショックのイメージにつながる人も少なくはないと思います。

僕の友達なんかでも、日経平均暴落のニュースの後に会ったりすると、「お前破産してないか…?」なんて聞かれたりします(笑)

 

大丈夫です。

日経平均が暴落して、すぐ破産なんてことにはなりません。

 

ただし、適切な対応はする必要がありますので、あくまで冷静になる必要があります。

不安たっぷりで焦りまくっていると、冷静な対応もできなくなってしまいます。

なのでまずは「大丈夫」だと言い聞かせて、落ちついてくださいね。

 

日経平均暴落後の具体的な対応策

 

それでは、日経平均の暴落に対して、どのように対応すればいいのかを解説します。

 

1.持ち株がある場合はロスカット

今、保有中の株がある場合は、いったんロスカットすることをオススメします。

 

先ほども言ったように、暴落したからといって、下がりつづけるとは限りません。

反発するかもしれません。

 

しかし、そこから一気に下降トレンドになって、さらにどんどん下がりつづける可能性だって大いにあります。

 

どちらに転ぶかわからないので、反発に賭けるよりも、とりあえずいったん持ち株をなくして、外野に行くほうが無難です。

その後どんな結果になろうが、いったんはロスカットして逃げておくほうが安全ですね。

 

2. 持ち株がない場合は、新しく買うことを控える

株を持っていない場合は、これから新しく買うのも控えたほうがいいでしょう。

 

相場が荒れているときは、徹底して様子見するのがオススメです。

“触らぬ神に祟りなし” ですね。

 

わざわざ日経平均がぐちゃぐちゃして、暴落だの急反発だのと言っている最中に、トレードをしかけに行く必要はありません。

チャンスはいくらでもめぐってきます。

 

相場が落ち着き、自分のルールが機能するような状態になってから、攻めたほうが無難です。

 

3. 空売りもなるべく控える

日経平均の暴落時に、いきなり空売りをしかけるのも控えるほうがいいです。

 

相場の雰囲気が悪くなると、空売り(株を売って、下がった株を買い戻して利益を得ること)をしたほうがいいんじゃないかと言われることもありますが、僕としてはあまりオススメできません。

普段から空売りに慣れている人はいいですが、そうでない人がいきなり空売りしても、うまく機能しません。

 

これは結果的に、ルール外のことをやっているのと同じだからです。

結局はギャンブルになってしまいます。

 

何の作戦も立てていないのに、暴落中だからという理由で空売りしても、簡単には稼げません。

暴落中に空売りして儲かるような簡単な話なら、みんな儲かってます。

 

反対のパターンで、急騰中の銘柄に適当に入っても、簡単に稼げないのと一緒です。

上がっている銘柄に適当に入るとすぐ落ちる…これと同じで、下がっているところへ適当な売りを浴びせると、今度は反発して上がり始めたりするわけです(-_-;)

 

しかるべき手法をもって相場に挑まなければ、搾取されておしまいです。

空売りをしかけるのであれば、「急落中の空売り」を、きちんとルール化してからのほうがいいですね。

 

ルール化できていないのであれば、何もせずに様子見するのが一番でしょう。

 

4. 株数を減らしてトレードする

慣れた手法があり、ルールも決まって、ロスカットもすぐできる。

そんな状況で、相場が荒れているときでもトレードするのであれば、株数を減らすのもひとつの手です。

 

ふだんより、攻めの手をゆるめるということですね。

 

こうすることで、万が一急落にはまったとしても、そのダメージを最小限におさえることができます。

これは僕もけっこう使うやり方で、株数を少なくしたり、ロスカット幅をせまくしたりすることで、普段より慎重になって、トレードします。

 

僕のやっている急騰銘柄を狙う手法では、日経平均が下がっても急騰に乗れることがあります。

(急騰銘柄を狙う手法についてはこちら⇒仕手株、急騰銘柄の特徴と探し方

 

そういった銘柄に入るチャンスもあるので、ガンガン攻めるのではなく、チビチビ攻めていく感じですね。

 

日経平均暴落後の対応まとめ

 

何はともあれ、日経平均の暴落時には「ダメージを最小限におさえること」を最優先としてください。

下手に稼いでやろうと意気込むと、多くの損失を喰らうだけです(まあ、これは急落時に限らず、どんなときでも同じですが…)。

 

そのためには、

 

  • 持ち株をロスカット
  • 新規の買いを控える
  • 空売りも控える
  • 株数を減らしてトレードする

 

こういったことを念頭において、あくまで「慎重に」トレードしてください。

 

冷静になって、しっかりダメージをおさえていけば、急落時も怖くはありません。

空売りのルールを作っておけば、むしろ利益に変えることだってできちゃいます。

不安になりすぎて、冷静な判断ができなくなるのが一番怖いです。

 

日経平均が下がって、あなたの人生が終わるわけではありません。

しかるべき対応をして、損失を出さないように心がけていってくださいね!

 

 

 


 

↓よろしければ応援クリックお願いします↓m(__)m

  にほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキング にほんブログ村