相場ゼミと5日株トレード法はどちらが良いか?

おはようございます。今日はまずタイトルの通り「相場ゼミと5日株トレード法はどちらが良いか?」ということについて記事を書きたいと思います。

実は、先日相場ゼミのお知らせをしてから、読者様の一人からご質問をいただきました。同じようにご購入を迷われている方がいらっしゃるかもと思い、その質問をここでシェアさせていただきます。
※シェアに関しては質問者様に許可を得ています。

ざっくり言うと、こんな感じの質問です。

「株を少々かじっているんですが、本格的に教材を買って学ぼうと思っています。
 そこでおすすめの5日株トレード法を購入しようかと思っていた矢先、
 相場ゼミの記事を見てどちらを買ったほうがいいのか迷ってしまいました。
 どちらのほうがおすすめなんでしょうか?」
(メール本文を多少書きかえています)

ということなんですが、同じように混乱してしまった方がおられたら申し訳ありません。

まず、この質問の結論から言ってしまうと、
どちらが良いとかではなくどちらもオススメです。

ではどちらを買えばいいかと言われると、考えるポイントは次の3点です。

1. どちらが自分の投資スタイルに(自分の性格に)合うか
2. どちらの講義スタイルのほうが勉強できそうか
3. 値段

それぞれ説明します。

1. どちらが自分の投資スタイルに(自分の性格に)合うか

最も重要なのは最初の「どちらが自分の投資スタイルに(自分の性格に)合うか」という点だと思います。

『5日株トレード法』は急騰する株を探していく、つまり買い戦略だけでいくのに対して、『相場ゼミ』は1つの銘柄の中の上げ下げを取っていく、つまり買い+売り戦略になります。要するに、『相場ゼミ』では空売りをするための信用口座が必要となります。

そのため、そもそも信用口座がない人はまず開設しなくてはならないのですが、信用取引(空売り)を行うのに口座に最低30万円は入ってないといけません。30万円以上の資金でやる人は問題ありませんが、僕のように10万円や20万円を元手に考えている人は『相場ゼミ』の手法は使えません。

資金面をクリアできているのであれば、あとはどちらが自分のスタイルに合うかを考えていただければと思います。

特徴としては、

『5日株トレード法』
○急騰する銘柄を狙う
○買い戦略のみ
○短期(長くても5日以内程度)で1トレードが終わる
○14:30~15:00の間に場を見られることが理想

『相場ゼミ』
○1つの銘柄の上げ下げを取る
○買い戦略と売り戦略(空売り)を使う
○1つの銘柄の波を取るので、全て手仕舞うまで数カ月かかることも
 (その間にちょっとずつ利益を蓄えていく)
○場を見る必要はない(終わった後にチェックし、寄る前に注文する)

※『相場ゼミ』に関しては、相場さんご本人の説明を聞いていただいたほうが良いと思うので、ぜひ動画をご覧ください。
http://aibasemi.com/l/aibasemi_promo/index.html
 

ざっくりまとめるとこんなところでしょうか。
詳しくは、それぞれの詳細を販売ページで確認してみてください。

2. どちらの講義スタイルのほうが勉強できそうか

特に自分の投資スタイルにまだこだわりがない、というかよくわからないという方は、講義のスタイルで判断されると良いかと思います。

『5日株トレード法』はいわゆる“教材”です。PDFファイルでの提供なので、基本的には文字と画像での説明です。全編セットで合わせると500ページくらいになります。

それに対して『相場ゼミ』はゼミというくらいなので“オンライン講座”のようなものです。基本的には動画での講義を受けていただく形になります。なので厳密には教材ではありません。やり方を学ぶだけではなく、その練習法やメンタル的な話まで、要するに相場先生の弟子になって学ぶといった形です。塾みたいに考えていただければと思います。

効果的な手法を身につけ、
あとは自分で努力していくという方は『5日株トレード法』を、
手法に加えて、株のプロになるまでの全面的なアシストを受けたいならば
『相場ゼミ』を選択されると良いと思います。

ちなみに『相場ゼミ』にはすでに多くの人数が参加されているので、
一人で黙々とやるのではなく仲間を作りたいという方にもお勧めです。

3. 値段

あとは値段の問題ですね。
わかりやすく、ここで比較してまとめておきます。

『5日株トレード法』
全編セット 29,800円

『相場ゼミ』
一括払い 228,000円
(分割払い可能 24回払いで月々約9,500円~)
※全額返金保証付き


もちろんですが、相場ゼミのほうが高額です。
ただの教材ではなく、一つのスクールに入るといったイメージだからです。
大学受験をする際、参考書と問題集を本屋で買って自分で勉強するか、
大手の有名進学塾で手取り足取り教えてもらうかの違いですね。
かかる費用は多くなりますが、その分得られるものも倍増します。

教材と考えてしまうと高額に見えますが、
スクールだと考えれば月々9,500円なら普通だと思います。
(某大手英会話スクールでは50分のマンツーマンレッスンで1回9,000円ほど取られるそうです・・・)

ちなみに僕の通っている大学院は入学金30万円+半期の授業料が約27万円で、
すでに57万も払っているにもかかわらず、この金額を回収できるようなお金儲けの方法は一切教えてもらえません。
そして後期が始まり、また27万円持っていかれます。
そういう意味では、今さらながら何で入学したんだろって気になってしまいます・・(-_-;)

それが『相場ゼミ』では、22万円払っても、
その金額の何百倍にもなり得るお金を手に入れる術を教えてもらえるわけです。
決して、高すぎる額ではありません。
しかも満足できなかった場合の全額返金保証もついています。

しかし、だからといって月々9,500円でもきつい方はきついでしょうから、
本気で学びたい気持ちがあるならばもちろん『5日株トレード法』でも十分に通用します。
現に僕は『5日株トレード法』のほうで利益を出しています。
あなたが最初に投資できる範囲の額で、始められると良いかと思います。


~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・


と、だいたいこんなところでしょうか。

あと大事なこととして、いずれの教材を購入されるにせよ、
もし購入されるのであれば、
まずはどちらか一つを集中してやってください。

あれやこれやと手を出すと、それぞれが中途半端になり意味がありません。
一つ買って微妙だったから、もう一つをすぐ買うようなことはしないでください。

せっかくお金を出すのであれば、必ず真剣に取り組み、
すぐに諦めないでください。

受験でも何でもそうですが、
いくら高いお金を払って塾に入り、良い先生についたとしても、
授業や宿題をサボったり、
言われたことをやらなければ成長するわけがありません。
また、言われたとおりにやっていたとしても、
意識が高くなければなかなか伸びません。

必ず株で利益を出し、
自由を手に入れるんだという強い意志のもと、
ご購入いただければと思います。

それぞれのお申込み販売ページは下記リンク記事からアクセスしてください。

●5日株トレード法●

●株トレード専門学校≪相場ゼミ≫●

では、また売買日記にて^^

↓よろしければ応援クリックお願いします↓m(__)m

  にほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキング にほんブログ村

いつもありがとうございます^^


«     »
サブコンテンツ

管理人

アーカイブ

このページの先頭へ