任天堂効果と株ドカン系

7月19日(火)

連休明け、任天堂(7974)がすごいことになってますね。さすがにこれは高すぎて買えていないですが、関連としてあげられたハピネット(7552)と第一屋製パン(2215)を買いました。

任天堂関連銘柄を狙ったわけではなく、チャートを見てたまたま良いと思って入ったのが任天堂関連として紹介されていたということです。両方とも成行でのエントリーです。今朝は見る時間がぜんぜんなく、前場は放置でした。

後から見てみると、最初下がっていたハピネットは急上昇してストップ高へ。良い感じに強く張りついて終わってくれました。本当はここを買い増ししたかったんですが、確認できたときにはもう張りついていたので仕方ないです。

第一パンのほうは、後場に高い位置で買い増しをしたんですが、そのまま上抜けてくれず下がってしまい、買い増し分1,000株がまずロスカットになりました。その後、ちょい下でロスカット設定していた残りの1,000株も、買い増し分を売ったポイントまで引き上げました。低い位置で持ち越したくなかったので、下がるなら早めに売ってしまおうと思ったわけです。最終的には約定し、ちょっと利益になって終わりました。

このほか、あと2銘柄、Hamee(3134)とイーレックス(9517)を買いました。これらは両方とも『株ドカン!』で以前お宝銘柄として配信されたものです。

Hameeは成行で入っても良かったところ、タイミングを逃したため、節目を超えたところで入りました。前場のうちに急騰してけっこうな含み益になっていたのに、あとでスマホを開いたら急落している最中で、急きょロスカットを買値付近まで引き上げました。それからすぐ引っかかり、利益はすべて水の泡です(-_-;) 

5分足をもっと見られていれば高い位置で利確できたんですが、ずっといじれない状態だったので残念でした。で、いつものようにロスカットしたところから反発し、良い形の陽線となって終わりました。

株ドカンで配信される銘柄は基本的に中長期で見ていることが多く、銘柄そのものに価値を見出しているため、本来は早逃げするようなものじゃないんでしょうね。このときから、多くの資金を仕込めていた人たちは明日も楽しみだと思います。僕はまあ自分流の作戦があるので逃げでよかったことにしておきます(笑)
ダメージもないですし(笑)

イーレックスのほうは成行で入り、順調に伸びてくれました。後場になってさらに強くなってきたところで、第一パンと同様に買い増しをしました。これも下がるなら持ち越したくないなと思っており、けっこう厳しめに逆指値を張っていましたが、200株とも引っかからずに終わりました。

今日は4銘柄買って、4銘柄ともすべて騰がったというなかなかに珍しいパターンでした。今日売ってしまった分はあまり利益にならずでしたので、明日へ継続する2銘柄に希望をたくします。

新しく買った銘柄

●ハピネット(7552) 1,181円×100株
●第一屋製パン(2215) 平均139円×2,000株
●Hamee(3134) 2,201円×100株
●イーレックス(9517) 平均2,675円×200株

本日売った銘柄

●Hamee(3134) 
 【7/19 購入】2,201円
  ⇒【7/19 売却】2,197×100株  
  -400円 (-0.2%)

●第一屋製パン(2215) 
 【7/19 購入】平均139円
  ⇒【7/19 売却】141円×2,000株  
  +4,000円 (+1.4%)

保有継続銘柄

●ハピネット(7552) 
【7/19 購入】1,181円×100株 本日終値:1,301円

●イーレックス(9517)  
【7/19 購入】平均2,675円×200株 本日終値:2,806円

本日の損益合計:+3,600円

今月の損益合計(7月):+36,400円


↓よろしければ応援クリックお願いします↓m(__)m

  にほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキング にほんブログ村

いつもありがとうございます^^


«     »
サブコンテンツ

管理人

アーカイブ

このページの先頭へ