資金10万円で株を始めるときの重要なポイント

こんにちは、秋ナスです。

今さらですが、今日は10万円程度の少ない資金から株で稼いでみたいという初心者の方へ、10万円で株をやる際の重要なポイントをお伝えしたいと思います。

株というと多額の資金が必要なイメージがあるかと思いますが、少額からでも十分始められます。

確かに、最初の資金が多いに越したことはありません。

数百万や数千万、さらに数億といった単位で始めることができれば、その分増えるお金も大きくなります。実際、専業のトレーダーとして株だけで生きているプロたちは、多くの資金を元手にして稼家でいます。

しかしながら、「株をやってみたい!」という気持ちがあっても、最初から多額の資金を用意するのが困難な場合も多いと思います。

そもそも貯金がなかったり、貯金があったとしてもそれを株の資金に回せないなど、株を始めたくても最初の資金の壁がジャマをする、という方も多いのではないでしょうか。

では、少ない資金でトレードするために、僕がこれまでどういう点に注目してきたのか。

その細かなポイントを、順番にお伝えしていきます。

「株」とは何をするのか?

そもそも「株やってる」っていうのはどういうことなのか?

株、つまり株式というのは、企業が資金集めのために発行するものです。企業は運営のためにたくさんのお金をいろんな人たちから集めます。このとき、ただ「お金ください」ではマズいので、代わりに株式を渡します。もし将来、その1株あたりの価値が上がっていたら、株を買った人はその分、利益になるということですね。

つまり、株を買うという行為は、

その企業を応援する(資金を出す)
企業が成長したときに、自分も利益を得る

というのがそもそもの目的になります。

このように、株を買って企業の行く末を見守り、その企業が大きくなって株の価値が上がったときに株を売ることで、自分も利益を得る、というのがいわゆる「株式投資」になります。


さて、ではこれが資金10万円からできることなのかというと、それはちょっと違います。

厳密に言えば、資金10万円からでもできないことはありません。

ありませんが、その場合リターンとして得られる利益が些細なもので終わります。

たとえば、1株1,000円で株式を発行している企業があったとします。

10万円あると、ちょうど1株1,000円の株を100株買えることになりますね(手数料などは考えずに)。

では、この企業が3年かけて大きく成長したとして、株価が2倍の2,000円まで上がったとします。すると、1株1,000円で買った株が現在2,000円まで上がったので、持っている100株を売ったとすると、20万円になって戻ってくる計算です。

つまり、3年かけてようやく10万円の利益を得たという計算です。ちょっとこれでは物足りないですよね。

しかも、これはたまたま株価が2倍になってうまくいった例ですが、うまくいかなかった場合は3年かけてマイナスになっているかもしれません。いくらなんでも、かけた時間に対して結果がむなしすぎます。

ですので、このような長い目で見る「株式投資」は、基本的に多額の資金があって初めて実りのあるものとなります。世界的に有名な投資家、ウォーレン・バフェットさんのように資金が鬼のようにある場合は、このような投資で大儲けできるわけです。


少ない資金を短期で増やすには「トレード」

そこで、資金が少ない人でも大きなリターンを得られる手段として、注目していただきたいのが「トレード」です。

トレードとは、株式投資の期間が短くなったようなものだと考えてください。いわゆる「短期投資」です。

トレードは株式投資とは違い、企業にお金を投資してからその成長を長い間見守るわけではありません。そうではなく、短期間での株価の上げ下げを利用して、利益を得ていくものです。企業の成長がまったく関係ないわけではないですが、どちらかといえば長い目で見る成長とかではなくて、その場での値動きからいかに利益を取れるかが大事になります。

これを行うトレーダーたちがいるおかげで、株式市場の流動性、つまりスムーズに投資家たちが株の売買できる場が保たれているというわけです。

少ない資金から始めようと思った場合は、このトレードを行っていくほうが効率がはるかに良いです。

一日のうちに何十円や何百円と上げ下げする銘柄がザラにあるので、たとえば1日で50円騰がる銘柄を100株買っていたら、その時点で5,000円の儲けです。これを20回繰り返したら10万円、200回繰り返したら100万円の儲けということです。

もちろんこれはただの例なので、実際はこんな一定金額を繰り返し儲けるということにはなりませんが、やることとしては、短かい期間で売買を繰り返し、トータルで儲けを出すということになります。


少額からでも儲かるのか?

正直いうと、トレードを10万円から始めるというのは一般的ではありません。普通は100万や200万、理想をいえば300万以上は必要だと言われていますし、10万円からやったってまったく儲からずに終わると豪語する人も多いです。

しかし、かつて僕がまだチャートの読み方もロクに知らないスーパー初心者だった頃、1回のトレードで運よく数万円の利益を出したことがありました。

そのときの資金は最低資金の10万円以下。

このとき僕は、トレードは大金がなくなってできる。少ない資金だって大きく利益を取ることができるんだと、勝手に悟ってしまったわけです(笑)

まあ実際これはただのラッキーだったわけですが、適当にやって数万儲かったんだから、しっかり時間をかけて勉強すれば稼げるトレーダーになれると強く感じてしまったわけですね。

その後、多くの失敗を重ね、多くの資金を飛ばし、多くの経験を積んで、現在のこのブログに至ります。まだまだ迷走中ですが、少ない資金からでも稼ぎはしっかり出るようになってきました。



きちんと学び訓練すれば、少額からでも大丈夫です!

少ない資金で株を始めるには、まず実弾を投入する前に勉強して、訓練すること。それによって、「損をしないようにする」ことが最も大切です。

お金を貯めてから株に手を出そうと思っていても、損をしない技術が身についていなければ、せっせと貯めた大事な大金がすべてなくなってしまいます。

そういう意味では、むしろ最初は少ない資金から始めるべきです。

そして、やはり元手10万円の最大のデメリットは、資金がゼロになるスピードが圧倒的に早いということです。

何も勉強せずに10万円で株を始めれば、この程度の金額は一瞬で吹き飛びます。びっくりするくらいカンタンになくなるのが株の世界です。

しかも、10万円という少ない資金では、売買の手数料もけっこうシビアな問題になってきます。調子に乗って売買を繰り返してしまうと、その分手数料も増えて、損失も増えてのダブルパンチを喰らいます。

ですのでまずは、実際にお金をかけずに、どんな売買をしたらお金が増えて、どんな売買をしたらお金が減ってしまうのか。まずはそれをシミュレーションしてから、実際に少ない金額でゆっくりリアルトレードを始められるといいと思います。


売買のルールを持つこと

さて、ここで大事になってくるのが「売買のルールを持つこと」です。

ルールなしに適当にトレードしていると、それはただのギャンブルになってしまいます。適当なところで買って、適当なところで売ったら儲かった。これはラッキーですが、毎回そんなカンばかりに頼っていたら、いずれ破滅します。

それを回避するため、そしてギャンブルではなく「トレード」を行うために必要なのがルールです。

チャートの形がこうなったら「買い」で、ここまで下がったら「損切りで売る」、ここまで上がったら「利益確定で売る」などなど、一定のルールに基づいて売買しなくてはなりません。これが「トレード」と「ギャンブル」の違いであり、先に述べた「損を回避する」ことにつながるのです。

ルールにのっとって売買することで、規律のあるトレードができるようになり、最終的にトータルでの利益が蓄積します。

ただし、もちろん「儲かるルール」にのっとってやらなければ意味がありません。ルールそのものが適当であれば、いくら売買しても損をするだけになってしまいます。

儲かるルールって何か問われたら、それは一口にこれとは言えません。資金量やトレードのスタイルによって、大きく変わってくるからです。

では、10万円から始めたい場合はどんなルールがいいのか。

それが、このブログのひとつのテーマでもある「急騰銘柄」を狙うというルールです。

短期で一瞬にして株価が騰がる銘柄を狙って、一瞬で大きな利益を得ようというものです。

これはもちろんリターンが大きい分、リスクも大きくなります。危険なやり方ではありますが、10万円から資金を大きくするのにはかなり有効な手段であると考えています。

急騰銘柄を狙うルールについては、前に記事を書いていますので、そちらを参考にしていただければと思います。

⇒仕手株、急騰銘柄の特徴と探し方

では、今回はこの辺で^^


↓よろしければ応援クリックお願いします↓m(__)m

  にほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキング にほんブログ村

いつもありがとうございます^^


«     »
サブコンテンツ

管理人

アーカイブ

このページの先頭へ